イギリス、バルセロナでの海外生活の記録。


by yko22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
■パン作り&お菓子作り&料理
■ハンドメイド
■海外生活日常の事
■余談
☆Y夫の特別カテゴリ☆
★Y子のプロフィール★
■トルコ旅行2009
■イタリア旅行2008
■フランス旅行2008
■スペインアンドラ旅行2007
■東欧旅行2007
■スイス旅行2006
■ベルギー旅行2006
■ドイツ旅行2005
■ドイツ クリスマスマーケット
■フランス旅行2005
■イタリア旅行2004
■UK カンタベリー&ドーバー
■UK国内 ウィンチェスター
■UK Stoke-on-Trent
■UK Bicester Village
■UK ウィンザー城観光
■UK ロンドン観光
■UK ロンドン 2009

以前の記事

2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月

検索

その他のジャンル

画像一覧

カテゴリ:■パン作り&お菓子作り&料理( 130 )

キャラメルマドレーヌ

久しぶりに朝から気合を入れてがんばりましたっ (>_<、)
パンもお菓子も1日 1種類が限度の不器用な私が本日はお菓子2種類。

最近時間が取れずにストレスが溜まっていたのに付け加え、一時帰国のタイムリミットが刻々と迫っているのに、冷凍庫の中にはまだまだお菓子の材料たちが盛りだくさん・・・(;・∇・)

と言うワケで、ストレス&焦りが一気に爆発した感じです。
しかし最も気合を入れた本命が、レシピ選択ミスでかなり微妙な仕上がりになってしまいました(泣)
今週パンを焼くヒマが無かったのもあり、週末のおやつ用にと、ついで感覚で焼いたキャラメルマドレーヌの方がお味は上出来と言う複雑な結果に・・・
ま、こんな事もあるさ・・・日々勉強! と開き直ってみますっ。

キャラメルマドレーヌ。
「キャラメル」の響きを聞いただけで、ほとんどの女子がワクワクするお菓子です (^v^)v

砂糖と水を火にかけ、カラメル色に色付いて来たら生クリームを投入。
材料は同じでも、自分好みのカラメル色の濃度で、その味がいつも変化するのが手作りキャラメルクリームの楽しさ♪
今回は少し濃い目に、大人味のホロ苦甘いキャラメルクリームです。

c0020930_14314627.jpg



キャラメルマドレーヌのレシピはこちらの 簡単お菓子レシピ集より。
いつもお世話になっているHPなのですが、とても信頼出来るレシピはもちろんの事、お菓子の素敵な写真と、様々なアイデアラッピングがとても参考になるお気に入りのサイトです ^ ^

c0020930_14324243.jpg


キャラメルクリームがそのままでも美味し過ぎて、味見が止まらない! (;・∇・) ヤバイッス
半日立ちっぱなしで酷使した老体には、焼き上がり一番の試食が最も癒される時間です(ー∇ー;)

c0020930_14332794.jpg

[PR]
by YKO22 | 2009-03-20 14:30 | ■パン作り&お菓子作り&料理

自家製マドレーヌとラッピング

マドレーヌを作りました。

ラッピングは、雑誌等の文章の部分を適当にスキャンし、茶封筒に印刷した物を使っています。

c0020930_1415739.jpg
c0020930_14152216.jpg

[PR]
by YKO22 | 2009-03-14 14:13 | ■パン作り&お菓子作り&料理

フロランタン

フロランタン。
意外にとても簡単に作る事が出来るお菓子で良く作ります。

これはラッピングしてお友達にも貰って頂きました。

c0020930_14194535.jpg

[PR]
by YKO22 | 2009-03-01 14:17 | ■パン作り&お菓子作り&料理

ベーグルブーム

今、ベーグルブームがかなり押し寄せて来てます (^v^;)

c0020930_1738724.jpg



前回久しぶりに作ったベーグルが余りにも美味しくて、8個作った分、アっと言う間に完食してしまいました。
夫は多分この手のパンは食べないと(勝手に)思っているので独り占めです (^v^)v

色んなレシピを試してみたいな と思っているので、今回はこちらを参考にさせて頂きました。

もちもちベーグル by junko

覚書として。。

ベンチタイム10分、1次発酵に30分取り、ケトリングはお湯1リットルに対して 砂糖 大1。
今回は2リットルのお湯を使ったので、砂糖 大1、蜂蜜 大1 の割合で茹でました。
前回のベーグルは、久しぶりに作り過ぎたせいか感も鈍りまくり。(- .-;)
茹でる際にシワが出来たり、余り思ったように膨らまなかったりで反省点目白押しだったので、今日は慎重に!

1次発酵の際にオーブンシートをベーグルの数分カットし、個々その上で発酵させ、鍋に入れる時はオーブンシートごとベーグルを移動させそのまま投入。
お湯の中で紙を取り去る方法でやってみた所、私にはこの方法が一番合っていたようで、今回は全てのベーグルにシワも無く、生地が全く傷まなかったおかげでプックリと膨らんでくれました (^v^)v

小さめのベーグルが8個出来たんですが、待ってました~、早速2個試食♪
モチモチ感がたまらない!
色々サンドするのも楽しいけど、私はベーグルはそのままモチモチ感を味わいながら食べる方が好きかな♪
今日は黒ゴマを練りこんだのですが、何故か香ばしい玉ねぎの味もする?(◎_◎;)


美味しかったけど な、何故に・・・?(^v^;)
[PR]
by YKO22 | 2008-11-16 17:37 | ■パン作り&お菓子作り&料理

セロリの浅漬け

ヨーロッパに来て好きになった食べ物のひとつがセロリ。
独特のクセのある香りが苦手・・・と言う方、かなりいらっしゃるのでは?と思います。
子供の頃、イトコがセロリにマヨネーズを付けて 「美味しいよ~♪」とボリボリ食べまくっているのを見ては ( ̄Д ̄;)アゥッ・・・
何故に敢えて好物が それ?(汗) みたいな。
夫も 「えー、セロリ美味いのにー ( ・∇・)v」

アレ・・・? 意外に好きな人の方が多い?(汗)

夫にそう諭されても一向に見向きもしなかったセロリなのですが、それが今年になって突如急変。
お友達が作ってくれたお料理に入っていたセロリを食べて、予想以下のクセの無さにビックリ!、しかも アレ? 美味しい?! (;・∇・) ウソ
今まで敬遠していたのは何だったんだ?と言うくらい、アっと言う間に セロリに対する苦手意識が無くなり、むしろもっと食べたい野菜に昇格です。


これは我が家の定番になりつつある、セロリの超簡単浅漬け (^v^)v

c0020930_171432.jpg


(レシピ)

セロリに塩小さじ1をまぶし、10分置く。

10分後、サっと水洗いし、軽く絞る。

酢 大さじ2、砂糖 大さじ1を合わせた物とセロリを合わせる。

食べる直前に塩昆布を和える。


ポリポリと止まらない美味しさ♪
セロリの栄養は茎よりも葉の方に多く含まれているそうなので、捨てずに茎と一緒に漬け込みます。
塩昆布が無い場合、甘酢だけでも十分美味しいです。
私はこの日、リンゴ酢を使ってみました。

でも・・・日本のセロリをほとんど食べた事が無いので当てにならないのですが、こちらのセロリは香りもマイルドでクセが無く、食べやすい気がするのです。
今からが旬のセロリの簡単浅漬け。
年末に一時帰国した際、日本のセロリでも作ってみて実家の家族に試食して貰おうと考えています。
両親の反応が楽しみ?♪
[PR]
by YKO22 | 2008-11-16 17:00 | ■パン作り&お菓子作り&料理

パウンドケーキ克服

パウンドケーキ・・・やっと克服出来た気がしています (T∇T)
先日のフランボワーズのパウンドケーキ以上に、焼き上がり具合に自己満足中。

今日はシンプル、ココアパウンドです。

c0020930_16485070.jpg


パウンドケーキを作り始めた時の一番の目標が、味よりもまず見た目でした(汗)
真ん中がプックリと持ち上がった綺麗な割れ目、パウンドケーキの理想の形です。
お菓子作りを始めた当初から様々な方法で試行錯誤するも、なかなか理想の形には及ばず、あー、やっぱり私はお菓子作りには向いてないんだー(T_T) なんて落ち込んだ事も。。。

それがそれがフランボワーズのパウンドでも記しましたが、もう数年も手元に置いておいて、見ていたようで全然内容を見ていなかった ( ̄Д ̄;) 小嶋ルミさんの本に忠実に作った所、こんなに生地が持ち上がってくれてビックリ!
写真は焼いて1日経った後に撮ったモノなので、焼き縮みさえほとんどありません。
もう感動です。
マトファーの威力も貢献しているかもしれません。   
遅ればせながら、これから型は全てマトファーで揃えようと決めました (^v^)v

c0020930_16494387.jpg


しかも前回よりも更にシットリとした生地になった気がします。

前回の作り方では 「1~2分」と書かれてあった所を1分で終わらせてみたのですが、今回は全てMAXの時間でバターを攪拌。
より空気が含まれ乳化出来て、前回より更に生地が持ち上がってくれたのかなと思います。
ちなみに割れ目の部分は特に何もしていません。
以前は焼き始めの10分前後に一度取り出して、竹串やナイフで割れ目になる部分を入れたり、バターを絞ったりする裏業などもとにかく色々試しましたが、思ったような形になった事は一度も無く・・・。
パウンドケーキの一番のコツはバターと卵の乳化(バターを先に泡立てる場合)。
きちんと乳化さえ出来ていれば、生地の持ち上がりも割れ目も自然に完成するようです。

私のようにパウンドケーキが思う様に焼きあがらずモヤモヤされていらっしゃる方は、小嶋さんのレシピ本は絶対にお勧めです ^ ^

1つ克服出来て、また新たにお菓子作りが楽しくなって来ました。
まだまだ克服したい事が山積みでもあるし、一時帰国で久しぶりに新しいお菓子のレシピ本もたくさん仕入れてくるつもりです (^v^)v

c0020930_16502019.jpg

[PR]
by YKO22 | 2008-11-16 16:47 | ■パン作り&お菓子作り&料理

小嶋ルミさんレシピ 濃厚ベイクドチーズ

本当は違うモノを作ろうとストックしてあったお菓子の材料たち。
夫が出張だったり、自分も忙しかったりで、気づいたらその内のひとつのチーズが賞味期限切れ(前日で終了)。
かなり期限に余裕を持たせて買ったにも関わらずです (;・∇・)

一体いつからやる気のみで、何も作ってないんだろう (ー∇ー;)・・・と言う事実にも多少凹みつつ、夕方気づいたので取り敢えず!! それらの材料を使って速攻一番身近に&簡単に出来たチーズケーキを久々に焼いてみたのでした。

c0020930_15304480.jpg


当然のよーに土台無し (;^v^)
いつもチーズケーキと言うと石橋かおりさんレシピで作るのが常なのですが、今日は初めて小嶋ルミさんのベイクドチーズケーキのレシピで。
ルミさんレシピはとにかく間違いが無いので有難いです。

石橋さんレシピと比べるとクリームチーズの量が多目ですが、石橋さんのベイクドは、生クリーム、プレーンヨーグルトが入るのに対し、ルミさんレシピはサワークリームのみ。
そして卵の量も違うので、同じベイクドでもどんな味の違いがあるか楽しみに試食。


これを作ったその日はかなり遅い夕食・・・PM 11時半頃。
うぅ、デザートどうしよ・・・まぁチーズケーキは1日寝かしたくらいが美味しいし・・・と葛藤しながらも、気づけば2人分、しっかり切り分けてコーヒーまで用意していました (ー∇ー;)
耐えられず・・・確信犯です (;・∇・)

あまり意味無いですが、一応、気持ち小さめに切り分けて。
ペロリと食べた夫が 「うーん、もう一切れ食べたい感じ~」 と言っていたので、美味しかったと思われます。
色々凝ったお菓子を作りたくなる時も、食べたくなる時もありますが、こんなシンプル イズ ベスト なお菓子は、お家お菓子でもととびっきり美味しい!とシミジミ思います。

c0020930_15314023.jpg

[PR]
by YKO22 | 2008-11-07 15:29 | ■パン作り&お菓子作り&料理

はちみつプルマン


食パン熱、早速盛り上がり中です (ー∇ー;)
本日はこれまた久しぶりのプルマン。

ハチミツ入りのほんのり甘いプルマンレシピにチャレンジです。

c0020930_15341293.jpg


またまた今回も上田まり子さんのHPを参考にさせて頂きました ^ ^
まりさんのHPで常にトップを争う程人気のレシピが 「プーのハニー食パン」。
レシピ名を聞いただけでそそられるパンですよね♪

昔HBで作った事があるのですが、かなり過去過ぎて味を忘れてしまったので、初めて作るレシピのようにワクワク (^v^;)


☆まりさんのHPより 基本レシピ☆

強力粉 250g 牛乳 150g 卵 25g はちみつ 50g 塩 3g バター 30g ドライイースト 2.5g


☆マイレシピ(覚書として・・・開発途中です)☆

強力粉300g 塩 6g スキムミルク 9g 水 195g バター 30g はちみつ 55g


発酵の加減を誤ってしまい、焼いている途中に (〇o〇;))))!! 
一瞬青ざめたものの、焼きあがってみるときちんと形になってくれてホっ。。

c0020930_15352554.jpg


またもや牛乳無し、卵無しのハチミツ頼りなレシピですが (ー∇ー;)、切り分けてみると、はちみつ効果
で生地がフルフル~!
柔らか~~( ・∇・)
ハチミツの量で少し迷ったのですが、結果もう少し量を増やしても良い気がしました。
生地のシットリした柔らかさから見ると問題無いのですが、せっかくハチミツを入れているので、ほんのり甘さが出るくらいが丁度いいかなとも思います。

しかしこれも生パン状態も、トーストも最高に美味しかったです。
余りにも柔らかい生地だったので少し厚めに切り分けて、フランス産のバターをたっぷり乗せて、シンプルトースト。
サクサク感が止まらず、食事と言うより、おやつ感覚に近い状態でいくらでも食べられる感じ。
パンを焼いている事が趣味である有難さを一番実感する時ですね (ー∇ー;)

c0020930_15374921.jpg

[PR]
by YKO22 | 2008-11-03 15:32 | ■パン作り&お菓子作り&料理

牛乳無しでも ホテルブレッド

HB(ホームベーカリー)を買ってからと言うもの、すっかり型で焼く食パンから遠ざかっていました。
HBの食パンも十分美味しい上、忙しい毎日の中で材料の投入のみで形になって焼き上がる食パンにすっかり慣れきった日々。。

今週は少し時間的に余裕があったので、久しぶりに丁寧にパン作りをしてみようと食パン型をゴソゴソと引っ張り出し。
成形が難しい山食ですが、久しぶりに作ったわりには釜伸びも十分でそれらしい形になってくれました (^v^)

c0020930_1542846.jpg


今回のレシピの基本はホテルブレッド。
大抵リッチ系パンのレシピに必要な牛乳を我が家は常備していない上、パン作りのためだけに牛乳を購入するには、牛乳嫌いな私にとってはリスクが高い・・・・~ (ー.ー")
牛乳が無くともシットリ、ふんわりな山食のレシピは無いものかと検索していて辿り着いたのが、私もHBを買った当初はかなりお世話になっていた上田まりこさんのHP。
書籍を出される前は様々なHB食パンのレシピがあり、とても重宝していたまりさんのサイト。
今現在はこの生クリーム食パンのレシピを含め一部のみ公開されています。

☆以下はまりさんレシピ☆

強力粉 250g 水 150g 生クリーム 30g 砂糖 15g 塩 4g バター 35g ドライイースト 2.5g


☆これを粉300gに対して 覚書として(マイレシピ)☆

強力粉 300g  水 195g 生クリーム 40g  砂糖 24g 塩 6g バター 30g 


イーストに関しては私は現地で手に入る生イーストを使用しており、粉300gに対して常に3g以下のイーストで、かなりの時間を掛けてゆっくり生地を発酵させる方法を取っています ^ ^

この日は卵も無かったので (ー∇ー;)、味の頼みの綱は生クリームのみ。
手粉もほとんどいらない、とても扱い易い生地でした。
1時間以上2次発酵を取り、じ??っくり発酵させた久しぶりの山食は・・・・


ヽ(@▽@)ノ お。。。おいすぃーーーーーっっ。



生パンの状態がとにかく美味しくて、夕食前にムシャムシャとお得意の大人食い。
生地はしっとりなのに、耳の部分がパイのようにサクサク。
いつも焼きあがったパンは、冷ました後全て速攻急速冷凍させるのですが、本日解凍したパンを朝に軽くトーストしてみると耳のサクサク感は健在でした (^v^)v

余りの美味しさに、今までHB任せだった食パン作りを見直すことに (ー∇ー;)、
時間があれば、毎週の食パン作りは食パン型でオーブンで作ることにしました。
尚且つ、毎週色んなレシピにチャンレジして更に美味しい食パンレシピを模索希望。。

今回のレシピは、牛乳無し、卵無しですが、生クリームされあれば立派にお店顔負けのリッチ系ブレッドを作る事が出来ます (^v^)v

c0020930_1543295.jpg

[PR]
by YKO22 | 2008-11-01 15:39 | ■パン作り&お菓子作り&料理

自家製モンブラン

秋の味覚。

我が家でも初栗です。

c0020930_12395774.jpg


お店で栗が出始めたのを見た途端、真っ先に思ったのが、この秋こそ 「モンブランリベンジ」 !(>_<、)。
去年は市販のマロンクリームを使って甘すぎて撃沈してしまったので、今年は絶対に生栗からマロンペーストを作ろう と誓っていたのでした。

約1キロ(汗)の栗を潰して、裏ごし(これが思った以上に大変でした?)して、甘さも気をつけながら時間を掛けて作ったマロンペースト。

味見をして出た言葉はもちろん 「ウマイっ!!(T∇T) 」の一言!

時間を掛けてでも作った甲斐がありました。
c0020930_12401022.jpg


回上に乗せた栗の甘露煮は、クチナシなどが手元に無かったのでサフランを入れて色合いを保たせてみました。


スペインは上質のサフランがお手軽に手に入るので、使わない手はないかなと。

来年は渋皮煮にチャレンジかな。
今年は1キロの栗の皮むきや裏ごしで、力を使い果たしました・・・(汗)

c0020930_12405746.jpg


夫も喜んで食べてくれたし、先週遊びに来てくれたお友達にも(ムリヤリ)食べて貰いました。(ありがとう 汗)

その代わり、本当は気合を一番入れるはずだったお持て成しの主食のパンがショボショボで申し訳なかったデス。

味付けがイマイチで反省でした・・・(汗)

でもこうして人に食べて貰えると、やっぱり家族に食べて貰うのとは全然違った気合が入るし、反省もして、今度はもっとこうして・・・と良い意味で色んなスイッチが入りまくります。

もっともっとお料理も努力しなきゃ!と思わされた1日でもありました。

c0020930_1243299.jpg

[PR]
by yko22 | 2008-10-31 12:38 | ■パン作り&お菓子作り&料理