イギリス、バルセロナでの海外生活の記録。


by yko22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

カテゴリ

全体
■パン作り&お菓子作り&料理
■ハンドメイド
■海外生活日常の事
■余談
☆Y夫の特別カテゴリ☆
★Y子のプロフィール★
■トルコ旅行2009
■イタリア旅行2008
■フランス旅行2008
■スペインアンドラ旅行2007
■東欧旅行2007
■スイス旅行2006
■ベルギー旅行2006
■ドイツ旅行2005
■ドイツ クリスマスマーケット
■フランス旅行2005
■イタリア旅行2004
■UK カンタベリー&ドーバー
■UK国内 ウィンチェスター
■UK Stoke-on-Trent
■UK Bicester Village
■UK ウィンザー城観光
■UK ロンドン観光
■UK ロンドン 2009

以前の記事

2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月

検索

その他のジャンル

画像一覧

<   2005年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ジュース漬け

これ、見たまんま普通の缶詰なんですけど、日本の物と少し違うのです。

c0020930_503986.jpg


日本の缶詰と言えば、あのあま~いシロップに果物が漬かっている物。
日常生活の中で、あのフルーツの缶詰を、ワザワザそのまま食べるなんて言う事は、ほとんどありませんでした。

しかしイギリスでは、パイナップルが漬けられているのは、あのあま~いシロップではなく、なんと普通のパイナップルジュース。
缶詰なのに、かなりのサッパリ感で、普通に果物を果物としておいしく頂けるような感じ。
グレープフルーツ缶など、他にも色々。

日本でもこんな缶詰って、売られていましたっけ??

新鮮そうな果物が手に入らなかった時や、果物を買い忘れた時などの朝食時に重宝しています。
私の缶詰感覚がすっかり変わってしまいました~。

もちろん漬けられたジュースも、ゴクゴク飲めちゃいます!

日本の缶詰もこのパターンありだと思うのですが・・・・。
[PR]
by yko22 | 2005-02-28 05:10 | ■海外生活日常の事

炊飯器でチーズケーキ♪

今日チーズケーキを作ってみたのですが・・・・
c0020930_18384670.jpg

実はこれ、炊飯器で焼いた(炊いた??)んです~♪

            
以前から、炊飯器でケーキが作れると言う事は知っていたのですが、レシピを見てみると、驚くくらい簡単そうだったので、早速トライしてみました~。

我が家は、夫が甘いケーキは苦手なので、レモン風味のサッパリ系にしてみたところ、あまり期待はしていなかっただけに(笑)、予想以上においしく出来上がりました~!

他にも色んな物が出来るんですね~、びっくり。
All aboutには、色んなレシピが載っていて、おもしろいです。

特にカステラはすごーくオイシソウで、カステラ好きの私はかなり気になっています。

もちろんオーブンで作るケーキには適いませんが、お手軽に作れる割には、ホントおいしく出来上がりますよ~♪
[PR]
by yko22 | 2005-02-27 23:12 | ■パン作り&お菓子作り&料理

久しぶりのアダルトスクール

昨日の夜から深々と雪が降っていたのですが、朝起きて見ると、家の前はまたまた真っ白でした。

c0020930_321841.jpg


3年イギリスに住んで居る夫でも、こんなに連続して薄っすらとではありますが、雪が降り積もったのは今年が初めてなんだそうです。

ところで、Half Termも終わり、今週からアダルトスクールも再開です。
しばらくアダルトスクールのお話をしていなかったような気がするのですが、何とかまだ行っています(笑)

今日は文法の授業。
「みんな雪だから、休んでるかなぁ~」と思いながら行ってみると、結構な人数でした。

先生が苦笑しながら、「英国はこんな数センチの雪で、公共の交通機関がスグにストップしたりするのよ~」と話していたけど、確かに、一般道路はこれくらいの雪で、ここは凍結もしていませんでしたが、車もおっかなビックリと言う感じでソロソロと走っていたなぁ~。
特に、私の住む南西部はあまり雪が降らないため、ローカルの人も雪慣れしていないのかな?
c0020930_4133649.jpg


学校自体は、早くもSpring termの後半に差し掛かろうとしていますが、随分と授業の雰囲気にも慣れて来たような感じです。

金曜日の文法の授業は、みな大人しい雰囲気で、淡々と進んで行くのですが、反対に水曜日のスピーキングの授業はわき合い合い。

雰囲気が正反対で面白いです。

スピーキングのクラスももちろん私以外、みんなヨーロッパ圏の生徒で、その中の一人、ポーランド出身のアリーサと言う女の子が、とても明るい子でクラスのまとめ役と言った感じ。

多分、この子のおかげで、クラスが賑やかになっているような印象です。

好奇心も旺盛で、おとといの授業が始まる10分前にも、

「Y子、私の名前を日本の言葉で書いてみて!」

と言われ、ひらがなで書いてあげると思った以上に喜んで、「じゃ、この人の名前は? この人は?」と次々に・・・(笑)
そして、私が何も言わなくても、隣の人、またその向こう隣の人に、

「Y子は日本人なのよ」

と説明してくれるので、スグにみんなに名前を覚えてもらえました(笑)

そして同じくポーランド出身のマルヨシ。
隣同士の席なので、自ずとお話するのですが、最初その日本的な響きの名前の読み方に、「本当にマルヨシでいいの?」と何度も聞き返す私。

このマルヨシ君が、すご~くオモシロイ人で、先生が説明している時等に、よく横からボソッと突っ込んだりするお茶目な人なのですが、それが思わず「プーーーッ」と吹き出してしまうような事ばかり。

イギリスのTVで、バラエティっぽい番組を見ていても、どこがおもしろいのか一向にツボがわからないので、やっぱり国が違うとジョーダンのツボも違うんだ・・・・と思っていたのですが、マルヨシと話していると、英語で会話し合っているのに、お互いにボケる所、突っ込む所が自分の感覚と全く同じなのです。

う~む、やはりFeelingって世界共通なのですね~。

しかし、こんな風に会話し合っていると、必ず自分のボキャブラリー不足にぶち当たるのが、まだまだ悲しい所です。

アリーサが、私の書いた字を隣の女の子に見せると、その子も

「Y子、sunを日本語で書いて!」

と言うので、何故太陽なんだろう・・・・と思いながら、漢字で「太陽」と書いてあげると、非常に喜んでいる様子。

「どうして太陽なの?」と聞くと、

突然肩の部分をあらわにして、

「見てー!」

すると、なんとその肩に「太」の小さなタトゥーが。

そして更に、「太は日本語で、どんな意味があるの??」と聞かれ、思わず


う~ん・・・・・・・


「太い・・・・、Fat・・・・・? でもそんな事言っちゃっていいんだろうか・・・・」等と悩んだ挙句、

「う~ん、たくましいなんていうイメージの時に使うよ~♪(ちょっぴり汗・・・・)」

と言ってみると、「そうなの~? もっと他の意味はある?」

女の子に「たくましい」は喜べないか・・・・と思い、他の意味を考えてみるも、日本語でも「太」が他にどのような意味を表わすのかと考えるだけでも、言葉が行き詰るのに、更にそれを英語で・・・・なんて、さすがにこの時は、一向に気の利いた単語が頭に浮かびませんでした。

そうこうしている内に、先生が来てしまったので、このお話はウヤムヤとなりましたが(ホッとしている私)、タトゥーにしているくらいの文字だから、よっぽど気に入ってるんだろうなぁ~と思い、後で、strong mind(適当でしょうか???)とか何とか言ってあげておけばよかった・・・と、自分のボキャ不足を悔やみました・・・。

私の英語修行の旅は、まだまだ続きます!
[PR]
by yko22 | 2005-02-25 03:00 | ■海外生活日常の事

思いっきり自己満足なのですが・・・

私の自己満足・・・・、それはグレープフルーツの剥き方です。


c0020930_2354120.jpg


最近ようやく、ここまで綺麗に剥けるようになり、思わず写真に収めてしまいました(笑)


私とグレープフルーツの格闘は、数ヶ月前から。
子供の頃によく食べていた、半分に割り、くりぬいて、上からお砂糖をかけて・・・と言う食べ方も、もちろん大好きです。

しかしあるホームページで、薄皮を綺麗に取り除いて、房の形そのまんまに盛り付けてある写真を発見し、

「おぉっっ! これは・・・・!」

とスグサマ、その芸術的な剥き方に魅了されたのです。

一見、そんなに難しくないような気もするのですが、これがまた、実際にやってみると思った以上に実がデリケートで、ちょっと皮に力を入れて剥くと形が崩れる・・・と言った感じ。


一応、一般的な剥き方は

(1)へたとおしりをナイフで切り落とす。

(2)へたからおしりに向かって、白い部分を残さないようにナイフで皮を厚くむく。

(3)実を半分に切る。

(4)袋の皮側から中心部に向かって、ナイフで両側とも切れ込みを入れる。

(5)ポロっと実がとれる。

らしいのですが、私はどうしても(2)の部分が上手く出来ず、悪戦苦闘。
最初の頃に剥いた実達は、見るも無残な結果でした。

その後、何度も挑戦した結果(ほとんど毎日)、(2)からはほとんどオリジナルの剥き方を編み出し、昨日はなんとパーフェクト!

思わず夫に、

「Y夫さん! 見てーーー!!」

とムリヤリ食べる前に観賞してもらいました。


ところで、最近まで知らずに、このルビーと言う品種を敢えて買っていたのですが、このルビーやピンクグレープフルーツの色は、β-カロチンやリコピンなどの抗酸化物質が増すほど赤いのだそうです(Y子のマメ知識より)。

私的には普通の所謂ホワイトは、多少苦味があって、ルビーの方が甘いような気がしていたので、こちらの方を選んでいたのですが、それを知ってからはルビー 一筋となりました。
少しでも栄養が多い方がイイですよネ。

おいしい果物が少ないこの時期に、ほとんど当たり外れがなく、しかも4個で1ポンド等と言う嬉しいお値段で売られていたりするので、飽きもせず毎日セッセッと剥いては、

「見て、見てーーー!」

と一生懸命TVを見ている夫を、ムリヤリ振り向かせ、剥き具合のコメントを頂戴しています。

夫  「やっぱり、何でも自分なりに行動を進化させていかないとダメだね

Y子 「うん!・・・・・・・・・ウン?!」

その言葉、どこかで聞いたような・・・・・。
ぎゃー、それ2月21日に私が書いた内容だっっ!!


何だか、最近反対に揚げ足取られているような・・・・・・・・・・(汗)



今日の朝はまた薄っすらと雪が積もり、1日中雪が降りしきる、さむ~い日でした。

c0020930_101983.jpg

[PR]
by yko22 | 2005-02-24 23:47 | ■海外生活日常の事

焼豚大成功!!

今日は久しぶりに焼き豚作りに勤しみました!

厳密に言えば、昨日から・・・。

フと何気に見た豚肉のコーナーで、500gのツヤツヤしたオイシソ~な豚肉の塊を発見。

「これは焼豚作るっきゃない!!」


実は前回作った焼豚が、自分の中で少し納得がいかずに、密かにリベンジを誓っていたのです。

何が納得がいかなかったのかと言うと、

まず、豚肉が大きすぎて(1kgの塊しかなく・・・)、中まで火を通すだけで一苦労!
1時間強煮込んだのに、まだ中は生煮え状態。
火を通す事だけで、気疲れしました。

また前回は焼豚ではなく、紅茶煮にしたのですが、紅茶3パックも入れたにもかかわらず、何となく豚肉の臭みが消えていないような感じでガッカリだったのです。

まぁ、おいしかったんですけど、ラーメンに入れて・・・と言うより、ほとんど刻んでチャーハンの具等として美味しく頂きました。


なので、今回は気合十分!!

昨日は醤油やお酒の調味料と共に、コトコト1時間30分ほど煮込んだ後、その中に肉を漬け込んだまま、一晩寝かせる作業。

そして今日は、更にその漬け汁で肉を煮込んだ後、はちみつを周りに塗り込み、フライパンで焼き目を付けてオシマイ。

2日がかりで完成した焼豚です。

c0020930_314877.jpg


さっき味見をしてみたんですけど、お味は大成功でした!!

早速今日の夕食時に出してみたいと思っています。
[PR]
by yko22 | 2005-02-23 02:44 | ■パン作り&お菓子作り&料理

エイプリールフールじゃないのに!

私にとって、毎日見てて飽きないのが夫です。

これは少し前のある日の事、写真の加工に関するフリーソフトをダウンロードしたいと夫に言うと、夫があの有名なフリーソフトのサイト 「窓の杜」を開いてくれたのですが・・・

夫  「あれ?」

Y子 「ン・・・? どうした?」

夫  「窓の杜って、"窓のもり"じゃなかったんだね!」

Y子 「えーーー! そんなハズないよーー!」

夫  「だってホラ!」 

パソコンの画面を指差しながら・・・

夫  「窓のやしろだったんだ~。ずっと窓のもりって思ってたよ~」

Y子 「私もずっと、窓のもりだと思ってた!」

2人 「へぇ~~~」 (注 パソコンの画面をジックリ見ながら・・・・)

そして、夫が写真が加工出来そうなフリーソフトを検索。

す、すると・・・・

夫  「あれ~、何で開けないんだろ・・・・。 おかしいなぁ・・・・」

私もサッと見てみると、確かにサーバーエラーの画面が。

夫  「ま、いいや。明日またダウンロードしよう」


そして次の日・・・・、

一人でパソコンに向かい、昨日の続きを再開しようと、

「え~と、窓のやしろっと」 そう検索語句を検索バーに入れ、出て来たホームページを開くと・・・・、


「な、なんだっ・・・・? これっ・・・・・?」


私が開いたのは、これ ⇒ 窓の社(やしろ)


そう・・・・、夫が窓の杜だと思って開いたホームページは、なんと、これだったのです!!

ちなみに、サーバーエラーの画面はコレを2人で真剣に見ていたのでありますっ・・・・・(汗)


ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、これは「窓の杜(もり)」のパロディサイトの、「窓の社(やしろ)」。

しかも毎年エイプリールフール限定で更新されているらしく・・・・。
エイプリールフールでもないのに、まんまと騙された私たち夫婦。

でも一番突っ込みたいのは、私に言わせてもらうと夫なのです・・・・。

「窓のもり」の存在を知っていながら、なぜにワザワザ「窓のやしろ」の方を開いたのか・・・・。

また(普通サイトを見た時点で気づくと思うのですが)、更に気がつく事なく、あの怪しげなソフトライブラリーの一覧(伝書鳩、冷凍・解凍・へなへな・・・等)から、どのように私が欲しがっていたフリーソフトを選択して、あの更にエイプリールフールなサーバエラーの画面まで、素で到達したのかが最大のナゾ。


あの時、平然とあの画面に見入っていた夫を思い出しては、一人で夫が帰宅するまでニヤニヤし、幸せな時を過ごさせてもらいました。

自分も最初に気づかなかったと言う事実は、思いっきり棚に上げてます・・・。

私から見て普段は、とてもシッカリした人なのですが、毎日天然ぶりを発揮してくれるので、ホント飽きません。



ところで、今日の朝はこんな感じでウッスラと雪が積もっていました。
イギリスに来て初!!だったので、かなり嬉しかったです。


c0020930_3122355.jpg

[PR]
by yko22 | 2005-02-22 01:51 | ■海外生活日常の事

慣れって、すばらしい・・・

数ヶ月前から、あの

「泡風呂」

にはまっています。


実は私、日本で自らこの泡風呂に挑戦した事が一度もなく、イギリスに来てからも特に泡風呂に興味はなかったのです。

それがスーパーのバス製品コーナーに、たっくさんの種類と香りのバスジェルが売られているのを見るにつけ、

「ムムム・・・・、ちょっと試してみるか」

と購入してみた所、な~んだかアワが無意味にブクブクしているだけで、充実したお風呂の時間を味わえる事を実感。

初めての挑戦時は、既にお湯を張った後の浴槽に、バスジェルを投入。
そのまま丹念にグルグルかき回すも、一向に泡立たず・・・。

「Y夫さ~ん、これ泡風呂のジェルじゃなかったみたい」

「え・・・? オレ泡立ったよ・・・・」

「な、なんだって・・・・?!」

どうやらお湯を溜めながら、ジェルを投入するようでした・・・・(恥)

そんな30ウン年、生きてきて、泡の立て方も初心者な私でしたが、今ではブクブクと外にあふれんばかりの(危険です)泡を立てて、Bath Lifeを満喫しています。

しかしこんな私でも、イギリスに来る前は、欧米式のお風呂に非常に違和感を感じていました。

たまにホテルなんかで使う、あのユニットバスの使いにくい事!

その他にも、肩まで湯船に浸かることも出来ない、思いっきり頭から水をかぶる事も出来ない等、日本式お風呂と比べると、マイナス面ばかりが見えていたのです。


が・・・・・・・、慣れってホントすばらしいデスね~。


家はバスルームにシャワーカーテンを付けていないのですが、最初はやはり水が外に出てしまい、床を濡らしたりしていました。

それが今では、全く外に水を飛ばすことなく、浴槽の中で思う存分シャワーを使えるまでに!
(自慢になるのか・・・・?)

去年の10月に、ロンドンのホテルに泊まった時には、シャワーカーテンがあるのにワザワザ使用せず、お風呂を済ませた後、ほとんど床を濡らしていない自分に自己満足。
誰からもホメられず、尚且つ、カーテンがあるのなら使用した方がいいと言う事には敢えてふれず、一人で自分の成長ぶりに(?)喜んだりしたこともありました・・・。


また肩まで浸かる事が出来ない・・・と嘆いていた問題も、欧米式の浴槽は、縦の長さが非常にユッタ~リしているので、私のような背丈(157cm)くらいなら、足を伸ばして寝転がれば全身スッポリ。


今では、ま~ったく何の不満もありません。


やはり何でも一度は体験して、自分なりに行動を進化させていかなければいけませんね・・・。
(日頃夫に、「そんなのヤダー」、「え~、やりたくな~い」等と言っている自分・・・)


でもこの泡風呂に入ったあといつも思う事が・・・。

それはイギリスの人が、この泡を洗い落とさずに、そのままバスタオルで拭いてオシマイにすると言う事実です。

肌にはどうなんだろうか・・・。

空気が非常に乾燥しているイギリスで、それが行われているということは、やってみると意外にお肌がシットリしたりするものなのかも・・・?


何事も一度は体験・・・・・と偉そうに言ったばかりですが、トライする勇気と予定は今の所ありません・・・・(-_-)
[PR]
by yko22 | 2005-02-21 01:19 | ■海外生活日常の事

ホラー映画・・・好きですか?

今日は3時くらいから、懲りずにまたゴルフの打ちっぱなしに行って来ましたが、外の気温は何と2度・・・・。

天気もどんより曇り空で、本当なら家の中でヌクヌクしておきたい所だったのですが、
実は今週、夫に私のショートコースデビューを約束してもらい(ムリヤリ)、その為にヤル気が沸々と沸いて来たのです~!

Y子 「絶対に今週、ショートコースデビューさせてねっ!!」

夫  「うん、いいよ。 但し、天気が良かったらね」

Y子 「わ~い♪」


・・・・・・って、夫・・・・・・、

イギリスはお天気が良い日の確率の方が少ないじゃないかっーー。

私は騙されないゾ!

なのでその後、しっかり「雨以外決行」と言う約束を取り付けました。 執念入ってます。


ところで、話はガラリと変わりますが、今夫が隣でホラー映画の「呪怨」を一生懸命見ています・・・(汗)

私はパソコンに顔を向けたまま、TVの方には一切目を向けていません!
何故なら、私はホラー映画が大の苦手なのですっっ・・・・・・・(-_-;)

それに反して夫はこう言った類のお話や、TV、映画が大好き。

信じられんっ!

でもその夫曰く、この映画を見終わった後、

「この映画、想像以上に恐かった・・・・。 多分一度見たら、真昼間に一人家に居ても恐いかも~」

だったそうです・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・(-_-;)


大概のホラー映画を恐がらない夫が言うくらいですから、私が見ていたら、明日夫の会社にムリヤリ同行していることでしょう・・・・(家に一人で居ることが出来ない)。

どうしてこんなのを好んで見るんだろ~。
しかしあんなに恐かった・・・と言う割には、スグ素に戻ってるんですよね。

私なら最低でも1週間は、気配を感じようが感じまいが、後ろを振り返って、誰もいないのを確認するのに大忙しになること間違いナシ!
今も映画を見ていないのに、何故か後ろが気になる・・・・・(恐)

でも実は、私が苦手なのはホラー映画だけなのです。

夫  「映画だけって?」

Y子 「え? 映画は恐いけど、実話を聞いたりするのは全然平気ってこと」

夫  「・・・・なんで・・・・?」

Y子 「う~む・・・なんでだろう・・・・」



とにかくホラー映画だけがダメなのは確か。

ホラー映画好きで、まだ「呪怨」を見ていない方、お奨め(らしい)です・・・・。 

私は一生見ませんが・・・・(キッパリ)。
[PR]
by yko22 | 2005-02-20 09:23 | ■海外生活日常の事

夫の好み優先!

今日はゴルフの打ちっぱなしの帰りに、ケーキ(だけ)を買うためにWaitroseへ。

Waitroseと言えば、イギリスでは高級スーパーの部類。
食料品を買うためだけには、滅多に行かないのですが、夫婦してここで売られているケーキがお気に入りなのです。

そこそこおいしい上に、値段も99ペンスから1ポンド弱で安いっ!
しかも種類も色々。

今日はこの4種類を購入してみました。

c0020930_10421112.jpg


ところで、写真左上のケーキ・・・・・。

クリーム多すぎ・・・ですよね??


c0020930_11292486.jpg


実は、「こんなクリーム盛りだくさんのケーキ・・・・、あまり人気ないだろうなぁ~」

そう思っていたスグ横で、「これください」と言っているお客様が・・・・。


夫でした。


「・・・・えっ・・・・(汗)?」


そう思いましたが、食べたいものは人それぞれ。
まぁ、自分が食べる訳ではないので(一番の理由)、特に止める事もなく、私は写真右側のチョコレートケーキとアップルパイに。

そして本日の食後のデザート。

夫がこのクリーム盛りだくさんケーキと、チーズケーキを半々ずつ食べたい等と言うので、仕方なくそれぞれを切り分けようと、まず例のクリーム盛りだくさんケーキの方にナイフを入れた所、

「あ、あれ・・・・?」

予想ではサクッとナイフが入るハズのクリーム部分が、カチンコチンッ・・・・。

なんとこのクリーム部分は、生クリームでもバタークリームでもなく、全てカチンコチンのメレンゲの塊だったのでした!!

「わ、Y夫さん・・・・、何だか予想したのと違うみたいだけど、どうぞ~♪」

「え・・・・・・?」

そして一口食べた感想は、

「あ、あまい・・・・・、とにかくアマイ・・・・・」

メレンゲの塊だから当然なのですが、食べているのを見てみると、上から下まで全てそのメレンゲの塊。
転がすと、そのままコロコロと転がって行きそうなくらいの塊です。

想像以上の、「一部の人受け」ケーキだったよう・・・。

それに反して、私のチョコレートケーキは、「おいしいーーーっ!」の一言でした。
(よかった~♪)


まだまだ夫の好みが把握出来ていない私ですが、夫が食べたいと思うモノは、今後も止める事なく黙って見守っていようと思っています。

ね、夫!


(実はケーキを購入する際、メレンゲと書いてある文字を見ていた私・・・・。 「どうして教えてくれなかったんだ~(泣)」と夫に言われました~。 エヘッ)
[PR]
by yko22 | 2005-02-19 10:59 | ■海外生活日常の事

くつ箱の疑問・・・

最近玄関のドアを開ける度に、夫と話す事があります。

「ねぇ、ねぇ、お隣さん、また靴増えてるよ・・・・」

それは数ヶ月前まで遡ります。

ある日、何気に玄関を出て見ると、お隣さんの玄関前に靴が1足ゴロン・・・。

2人 「どうしてここに靴置いてるんだろ・・・」

処分するために置いてあるんだろうか?
そう思っていた数日後、置いてある靴は処分するどころか2足、3足と増え続け、明らかにお隣がお出掛けしている際には、靴が消えているので思いっきり履いている様子。

今ではこちらも置いてある事が普通となり、ただ靴が増えたり、減ったりする事にのみ反応するように。

しかもその靴がBig!!
私がその靴の片足に、両足を入れてもまだ余りそうな大きさ・・・。
否応無しに目に入ります。

お隣さんはご夫婦で住んで居るようですが、置いてある靴はもっぱら男物のみ。

Y子 「・・・・、靴が家の中に入りきらなくなっちゃったのかな・・・・(大きいし)?」

夫  「う~ん・・・・。それにしてもさぁ、イギリスの人て、履かない靴はどうしてるんだろ~。靴箱とか置いてあるのかなぁ・・・・」


そうなんです・・・・。
私たちが一時期、よく話していた疑問がコレ。

我が家も2人家族とは言え、結構な靴の数です。
もちろん家の中には、靴の収納場所など設置されていません。
ダメ元で、IKEAにて靴箱らしき物を探してみましたが、思った通り見つからず。
結局、今現在は夫が自作してくれた棚を、靴箱として使用中。

私たちは探すことが出来なかっただけで、イギリスにはローカルの人が好んで買うような、所謂靴箱って売っているのでしょうか??

また売っていないのなら、みんなどのように、靴を収納しているんだろう??
一軒家ならまだしも、私たちのようなFlatに住んで居る人達は・・・・?

これは、「家の中でも靴を履いたままで、くつろげるのだろうか??」と言う疑問と同じくらい、私の中ではナゾです。


ところで、靴の収納と言えば真っ先に思い出すことがあるのです。

私がまだイギリスに来る前のこと、先にイギリスへ荷物を送るのに、洋服と靴をどれくらいの数持って行くか等でかなり頭を悩ませていました。

洋服の収納は使っていないクローゼットがあると聞いたけど、確か靴箱はなかったハズ・・・と思い、夫に、

Y子 「ねぇ、靴を直すところある??」

夫  「・・・・靴を直す所? 知らない・・・・」


な、何だ・・・、その冷たい返事は。
靴を直す所くらい、私が来るまでに空けておいてくれたらいいじゃないかっ~(>_<)


Y子 「え~、だって持って行きたい靴結構あるのに・・・・」

夫  「え~、だって靴修理なんてイギリス来てやった事ないもん~」

Y子 「は、はい・・・? 私、靴の修理なんて言ってないよ。 靴を直す所だよ」

夫  「うん、だから知らない」

もう既にお気づきかと思いますが、夫は関東出身、私は九州出身。
九州では、物を片付ける事を 「直す」 と言うのです。

Y子 「プーーー(笑) もしかして!!」

夫  「・・・・・・・・・?」


夫は標準語で話すので、私が夫に、「それ、何の意味??」と聞くことは滅多にないのですが、私の言葉が通じない事は多々あります・・・(-_-;)

ベタな所では、「今川焼き」。
九州では「回転焼き」と言います。

Y子 「回転焼き食べない?」

夫  「か、回転・・・・・・・・?」

みたいな。。。


話が(かなり)それました。

もしこの先、家族全員の靴が、玄関外に置かれるようなことになったらどうしよ・・・。
(それはナイか)

 
[PR]
by yko22 | 2005-02-18 00:50 | ■海外生活日常の事